くるみ掲示板

HOMEREAD ME検索管理画面


お名前
MAIL
題名   
本文   絵文字入力
ICON ★ICON VIEW
COLOR
WRITE KEY (投稿時 を入力してください)
PASS   Cookie

黒田先生の From:会長
Date:2006/08/18(Fri) 00:36  No.45
Mail
DM VOX掲示板への書き込みを無断カキコ^^;

アメリカ渡航の際のインスリン
夏休みいかがお過ごしですか?
英国でのテロのためにアメリカへの渡航の際の液体の持込が厳しくなるようです。
以下はADA(アメリカ糖尿病学会?)からのEメールでのニュースレターを訳したものです。The Transportation Security Administration (TSA) からのお達しです。
インスリンポンプを使用するものの渡航に制限はかからないが、それを見せるように指示されることがある。
インスリンを持ち込む場合にはパスポートと名前の一致した処方箋を持っているほうがよい。(必須ではない)→ということは英語の処方箋があったほうがいいのかも。
低血糖時に対処する液体(glucose gel, cakemate, and 8 oz. of liquid)は許可する。
通常の検査では問題ないが長時間のX線検査でインスリンが劣化する場合があるので注意してくださいとのこと→X線検査ではないhand-inspectionも要求できる。
原文を欲しい方は僕まで連絡ください。

僕にとってショックなのはもうすぐ再度観光でメキシコに行きますがおそらくテキーラをメキシコから飛行機に持ち込めないことです、、、。


こんな話が From:会長
Date:2006/08/17(Thu) 22:30  No.44
Mail
日本IDDMネットワークのMLに

はじめまして、個人会員の清水牧子と申します。SMBGの機械は何を使っていらっしゃいますか?私はメディセーフミニを使用しております。この場合
吸光光度を利用して測定しているようで、山を登って気づいたことなのですが、よく晴れた日だと外の太陽光が強いせいか液晶の表示が消えて測定ができなくなるようです。低い山ですが私のうちのすぐ近くの高尾山でそのような経験を何度かしました。この時に持っていっていたリュックで外の太陽光をさえぎり測定すると測れます。チップをつけるところに赤い光がともっていると思うのでその部分を影にしてなるべく光をさえぎり測定してください。いささか測定はしにくいですが、出来ると思います。

> みなさん、こんばんは。手塚@千葉つぼみの会です。
>
> 早速なのですが、表題の件です。
> 私は最近、登山に凝っていて、先日は八ケ岳の編笠山というところに登山に行ってき
>
> ました。
>
> そこでの事なのですが、登山中に低血糖予防のためにSMBGをしようとしたところ、
> SMBGのスイッチが入らないのです。
> 正確には、スイッチは一瞬入るのですが、液晶部分の表示が消えてしまうのです。
> この現象は、標高1,800mあたりから始まり、頂上でも同じでした。
> 登山中、最後にSMBGしようとしたのは標高2,300m付近だったのですが、その時も何度
>
> かスイッチを入れたり切ったりを繰り返し、何とか測定出来ました。
> その後、下山した後にはSMBG器は正常に作動しました。
>
> 今まであまりSMBGと標高(気圧)の関係の事は気にしていませんでしたが、実際には
>
> 関係はあるのでしょうか?
> その日は、関東地方には低気圧が接近しており、頂上での気圧は760mhPa程度にはなっ
>
> ていましたが、気圧によってSMBG器が誤作動を起こすという話は聞いたことがありま
>
> せんでした。
>
> 他にも高山に登山される方もいらっしゃると思いますが、このような現象は起きてい
>
> るのでしょうか。
> どなたか存知の方がいらっしゃいましたら、是非ご教示いただけないでしょうか。


台風 From:会長
Date:2006/08/16(Wed) 10:11  No.39
Mail
気象庁・米海軍・ウィスコンシン大学・韓国・台湾の予想がほぼ一致して
台風10号は19日朝には韓国のチェジュ島付近に向かうようです。
一安心(^o^)丿
   
Re: 台風 From:会長
Date:2006/08/16(Wed) 23:47  No.40
Mail
戻って来る(*_*)
   
Re: 台風 From:会長
Date:2006/08/17(Thu) 11:11  No.41
Mail
米海軍↓
http://www.npmoc.navy.mil/jtwc/warnings/wp1106.gif
気象庁↓
http://www.jma.go.jp/jp/typh/0610.html
全然違う・・・
   
Re: 台風 From:りょうま母
Date:2006/08/17(Thu) 19:38  No.42
気になる台風ですが、いつもお天気に恵まれる我が家は嵐の天気予報も晴れるのですが(笑)
今回どうでしょうか。
   
Re: 台風 From:会長
Date:2006/08/17(Thu) 21:29  No.43
Mail
海水浴の日が心配ですが、位置からして山からの風から丹後半島からの風に変わるので波は大丈夫だと思います。
http://www.imocwx.com/rsmwv/wv008jp.gif
少しは降るかも知れませんね。
http://dion.excite.co.jp/weather/spot/669/2300/


サマーキャンプ From:会長
Date:2006/08/11(Fri) 12:35  No.33
Mail
あと1週間後に迫りましたが、参加される方は体調に気を付けて下さいね。
気になるのは、遥か南海上にある低気圧ですが明後日には熱帯低気圧となり
その後台風に発達しそうです。
気圧配置からいくと北上しそうな感じで先に抜けてくれると良いのですが・・・
   
Re: サマーキャンプ From:会長
Date:2006/08/13(Sun) 05:59  No.34
Mail
スピードが落ちなければ、先に通過しそうな感じですね。
台風一過となるか・・・
   
Re: サマーキャンプ From:会長
Date:2006/08/13(Sun) 21:59  No.35
Mail
あちゃー
http://www.npmoc.navy.mil/jtwc/warnings/wp1106.gif
   
Re: サマーキャンプ From:会長
Date:2006/08/15(Tue) 11:13  No.36
Mail
日本の気象庁と米軍の予想が大きく違いますね。
もう少し様子を見ないと分りませんが、何らかの影響は受けそうです。
   
Re: サマーキャンプ From:会長
Date:2006/08/15(Tue) 17:46  No.37
Mail
10号と11号は、明後日には合体するようです。
米軍の予想では20日には韓国ですが
ころころ進路が変わる為あてになりません。
21日に日本海に入ると、いくら丹後半島の陰でも波はあるでしょうね。
   
Re: サマーキャンプ From:会長
Date:2006/08/15(Tue) 22:12  No.38
Mail
私が魚釣りの時に参考にしてるwebですが↓

台風の東側を北上する暖湿気流に伴う雲列は北緯30度付近で、台風の北側へ向かう南西向きの流れと、房総半島当方へと向かう北東向きの流れとに分流されていることがわかります。さらによく見ると、華北から朝鮮半島にかけて高気圧性の流れがあり、その外縁を廻って本州上に向かう北西風も、先に述べた暖湿流の分流点と同じ、伊豆諸島付近で、この暖湿流にぶつかるような形になり、やはり南西と北東とにそれぞれ向かう流れに分流しているようです。
 これを500hPaの気圧配置で見ると、ちょうど伊豆諸島を中心に、東西に高気圧、南北に低気圧が配置され、鞍部が形成されています。
この気圧配置は今後数日維持される可能性が高く、10号は南よりの暖湿流に流されて30度ラインまで北上するにつれ、この鞍部によって雲域や暖湿流は東西に引き裂かれ、台風の発達が阻害される状況が続きそうです。30度ラインに近づいた後、西向きの流れに乗るようなら、そこで外側の雲を分流によってそがれて小型化した後、若干発達することもあり得ます。

気象庁も↑の考えに近付いており、勢力も10hpsダウン
こん後、西に進むと予想しています。
また、11号は消滅吸収?されるようですね。
万が一日本海に入ったら須磨に逝きますか?^^


能勢産からの情報です From:会長
Date:2006/08/05(Sat) 08:37  No.32
Mail
能勢です。

梅雨が明けたかと思えば、いきなりの猛暑ですが、皆さん体調など崩されていないで
しょうか。

私はこのところ異常にインスリンがよく効くので、低血糖を頻発しています(苦笑)。
ブドウ糖の携行は怠らないようにしたいものです。

さて、知人から伝え聞いたのですが、現在ノボ ノルディスク ファーマでは、下記の
要領で、DMにまつわるエッセイを募集しているとのこと。

http://www.novonordisk.co.jp/documents/article_page/document/PR_06_essay.asp

テーマは「糖尿病で変えてきたこと、変えていきたいこと」となっています。

このMLに参加されている皆さんもDMに関してはそれぞれ一家言お持ちかと思います。
私もできたらエントリーしようと思っているのですが、この貴重な機会を利用して、
自らの存念・主張を訴えてみられはいかがでしょうか。

なお、最優秀賞の賞金は20万円となっています;-)


能勢さんのMLより From:会長
Date:2006/07/22(Sat) 12:07  No.31
Mail
能勢です。

皆さんもこれについては大きな興味・関心をお持ちかと思いますが、「膵島移植」の
現況についての記事を見つけましたので、こちらに転載させてもらいます(無断転載
です)。

このMLにも登録されている松本医師への取材を元にしたものなので、決して推奨され
る行為ではない(^_^;)かとは思うのですが、やはり皆さんにもできるだけ詳細を知っ
ておいてもらいたいので。

以下、日経メディカルの記事と、掲載元のURLです(なお、ブラウザでの閲覧には、
ユーザー登録(無料)が必要です)。

(引用ここから)
----------------------------------------------------------------------------

2006. 6. 20

膵島移植でインスリン離脱!
1型糖尿病患者の全12例で好成績

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/200606/500731.html

(写真)新任地の藤田保健衛生大で膵島移植の準備を進める松本慎一氏。

 点滴によって“輸血感覚”で移植でき、合併症が非常に少なく、万が一、生着しな
かった場合も、再摘出の必要がない−。このような、従来の移植のイメージを覆す低
侵襲性で注目されているのが、1型糖尿病患者に対する膵島移植だ。

 2004年4月に京大で国内第1例目の移植が行われて以来、今年3月までに、神戸大、国
立病院機構千葉東病院を含む3施設で、計12例に実施された。その全例で血糖コント
ロールが良好となり、低血糖発作が回避されるなど、成績は上々だ。

 膵島移植は、従来の膵臓移植とは異なり、ドナーの膵臓からインスリンを分泌する
膵島細胞だけを分離し、レシピエントの肝臓門脈に点滴注入する移植法だ(図1)。
2000年にカナダで脳死ドナーからの膵島分離・移植方法(エドモントンプロトコー
ル)が確立され、臨床応用が急速に進んだ。わが国では脳死ドナーからの膵島分離が
法律で認められていないため、主に心停止ドナーからの膵島分離・移植が行われてい
る(膵臓移植では主に脳死ドナーの膵臓が用いられる)。

図1 膵島分離から移植までの流れ(松本氏による)

 適応となるのは、1型糖尿病に多くみられるインスリン依存状態の糖尿病患者のう
ち、インスリン分泌が枯渇しており、重症低血糖発作を繰り返す患者。これまでに京
大で行われた9例の膵島移植を指揮し、今年4月に藤田保衛大消化器外科教授に就任し
た松本慎一氏によると、京大の移植患者は全例でHbA1cが正常化し(図2)、インスリ
ン注射量も減少。うち4例はインスリン注射からの離脱に成功したという。この4例に
は、昨年1月に行われた世界初の生体ドナーからの膵島移植患者1例も含まれる。「脳
死ドナーを用いる欧米と比べても、そん色ない成績を上げている」と松本氏は話す。

図2 膵島移植後のHbA1c(京大) 全例で3カ月以内に正常化し、その後も6%以下に
維持されている。(Matsumoto S et al. Transplantation in press)


課題はドナー不足、長期成績、免疫抑制薬
 膵島移植は膵臓移植と比べてはるかに安全性が高く、欧米のデータによると、生着
率も1年後で90%以上、5年後でも約80%と、膵臓移植と同等以上であることが分かっ
ている。

 ただし現状では、(1)インスリン注射離脱が可能なレベルのインスリン分泌能を回
復するには、2〜3回の移植が必要、つまり2〜3人のドナーが必要である、(2)1年後
のインスリン離脱率は約80%と高いが、5年後には約24%に落ちてしまう−−などが、
膵臓移植に劣る点として指摘されている。

 現在、日本の膵島移植のドナーは、心停止下腎移植のドナー条件を満たすことが前
提条件となっており、慢性的なドナー不足が普及の足かせとなっている(今年3月現在
の全国の膵島移植待機患者数は119人)。ドナー不足の解消の一つの可能性として、注
目されるのが生体ドナー移植の発展だ。

 松本氏らが手がけた生体ドナー移植では、ドナーから摘出した膵臓尾部から膵島を
分離し、1回の移植でレシピエントのインスリン離脱に持ち込むことができた。「心停
止ドナーの場合と比べて、提供される膵臓の質が高いことがその大きな理由」(松本
氏)だという。藤田保衛大では現在、ドナーからの膵臓部分摘出に腹腔鏡を用いると
いう、より低侵襲の生体ドナー膵島移植の準備を進めている。

 長期成績の向上(インスリン離脱期間の維持)も今後の大きな課題だが、既に米国
では、インスリン離脱から2年後に膵島を再移植するなどの方法を模索しているとい
う。

 一方、膵島移植は膵臓移植と比べて移植そのものの侵襲性は低いものの、免疫抑制
薬を飲み続けなければならないことに変わりはない。このため、副作用や感染症など
の懸念がついて回る。膵島移植後に用いられる経口免疫抑制薬はシロリムス(商品名
ラパミューン、日本未承認)やタクロリムス(商品名プログラフ)で、ステロイド薬
は使用しないため、大きな副作用はないという。ただし、シロリムスの副作用(口腔
内潰瘍、下肢の浮腫、高脂血症など)が比較的多く報告されているため、松本氏は、
ミコフェノール酸モフェチル(商品名セルセプト)を導入することでシロリムスを減
量し、副作用を最小限に抑えるなどの方策を取っている。「免疫抑制薬の長期服用に
よるデメリットを考えると、現在インスリン治療で血糖が安定している患者さんに
は、まだ膵島移植の適応を広げられる段階ではない」と松本氏は言う。

 1回の心停止膵島移植にかかる費用は、およそ300万円。膵島移植の移植医らで組織
する膵・膵島移植研究会では、今後、高度先進医療の承認を受け、普及を目指す意向
だ。

----------------------------------------------------------------------------
(引用ここまで)

読めばおおよそご理解いただけるかと思うのですが、現在すでにインスリン治療(強
化インスリン療法)で血糖コントロールが安定している場合は、適応とみなされませ
ん。

逆に、強化インスリン療法、あるいはCSIIでもコントロールが難しい場合などには、
適応を検討される価値があるのではないでしょうか。

Webサイトの方には、膵島移植の概念図や、HbA1c低下の経過などが記載されています
ので、ご興味のある方はユーザー登録をしてからご覧になってみてください。

以上ご参考までに。


能勢さんのML From:会長
Date:2006/07/19(Wed) 19:00  No.30
Mail
富山の三部さんから

アメリカでサメを撃退した話ですが、ここで紹介するからにはIDDM絡みで
このメダリストのゲーリー・ホールさんは3大会連続メダルを取っていますが
ここ2大会はIDDM発症後のことです。

-----------以下引用-----------------------------------------------

五輪競泳金のホール兄妹がサメを撃退=フロリダ沖で

【ロサンゼルス18日】五輪の競泳男子50メートル自由形などで5個の金メダルを
獲得した米国のゲーリー・ホールさん(35)が、妹のベベさん(28)と一緒にフ
ロリダ沖で水中銃で魚をとっている最中にサメに襲われたが、2人で何とかサメ
を撃退していたことが明らかになった。米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。
 2人が2週間前、マイアミ南西約24キロのフロリダキーズ諸島で、沖にボートを
浮かべて水中銃で魚を突いていたところ、ボートから約200メートル離れたとこ
ろでサメに遭遇した。急いでボートに戻ろうとしたがサメは2人を襲い、ベベさ
んが腕をかまれた。そのあと、サメはホールさんを襲った。
 ホールさんは、サメの鼻先を殴ったり、けったりして激しく抵抗し、何とかサ
メを振り切った。すると、サメは負傷していたベベさんに大きな口を開けて襲い
掛かった。幸い、サメがホールさんを襲っている間にベベさんは水中銃をセット
しており、サメの口に向けて発射。深い傷を負ったサメは、口から大量の血を流
しながら泳ぎ去ったという。ホールさんは幸いに無傷で済んだが、ベベさんは腕
を19針も縫った。
 ホールさんは冗談で「僕は(襲われた際の)50メートルのスプリットタイムが
何秒だったか知らないが、あんなに速く泳いだのは何年かぶりだったよ」と話し
た。
(時事通信) - 7月19日


12345678910111213141516171819

NO PASS

- e-PAD -
- Arrange by MIYOKEN -