くるみ掲示板

HOMEREAD ME検索管理画面


お名前
MAIL
題名   
本文   絵文字入力
ICON ★ICON VIEW
COLOR
WRITE KEY (投稿時 を入力してください)
PASS   Cookie

チアブレス From:加藤
Date:2011/07/27(Wed) 14:26  No.764
Mail
アークレイより連絡がありました。

加藤茂康 様
いつも大変お世話になっております。
アークレイの山本です。
早速お返事いただき、またご丁寧なご説明を
ありがとうございます。
いただいたご要望について、大阪の方に連絡を入れました。
できる限りご要望の数を揃えられるよう手配いたします。
よろしくお願いいたします。
   
Re: チアブレス From:加藤
Date:2011/08/16(Tue) 11:03  No.769
Mail
医大に120個届いたようです。200個と言っていたのですが・・・
キャンプで配布します。


日Iネットより From:加藤
Date:2011/08/03(Wed) 15:49  No.768
Mail
膵島移植について(hを付けて下さい↓)
ttp://japan-iddm.net/medical-information/cutting-edge-medical-technology/islet-transplant/magazine1/


NHKオンラインより From:加藤
Date:2011/08/02(Tue) 12:36  No.766
Mail
血液中のブドウ糖の濃度を示す血糖値が上がると光る、埋め込み型のセンサーを東京大学の研究グループが開発しました。グループでは実用化できれば、糖尿病の患者が数時間おきに行う血糖値管理の負担を減らせる可能性があるとしています。

東京大学生産技術研究所の研究グループは、ブドウ糖に結びつきやすく、紫外線を当てると光る色素をソフトコンタクトレンズなどに使われる「ハイドロゲル」に組み込みひも状に加工しました。これを血糖値のセンサーとしてマウスの耳に埋め込み、ブドウ糖を注射して紫外線を当てたところ、耳の中が薄緑色に光り、血糖値が高くなるほど強く光りました。埋め込んだセンサーは4か月以上同じ場所にとどまり、血糖値への反応を維持したということです。糖尿病の患者は毎日数時間おきに指先から血液を採って血糖値を測らなければなりません。光の強さは数値に置き換えられることから、研究グループでは血糖値のセンサーを実用化できれば、患者が行う血糖値管理の負担を減らせる可能性があるとしています。開発に当たった竹内昌治准教授は「材料の安全性を確かめるとともに24時間計測できる装置を開発して、簡単に血糖値管理ができるようにしたい」と話しています。
   
Re: NHKオンラインより From:祐樹母
Date:2011/08/03(Wed) 15:29  No.767
こんにちは。

毎日新聞にも掲載されていました。
マウスの耳が光ってるような写真つき(白黒)で、祐樹の指でこれが高い時に光ってたら怖いねぇ〜って笑ってしゃべっていました。

チアブレス連絡あったんだって〜♪って言ったら喜んでいました。
また甲子園チケットがんばって取らないと・・・(^^)v
いつもありがとうございます。


IWATA PROJECT 21 From:祐樹母
Date:2011/05/13(Fri) 11:06  No.758
Mail
こんにちは。ご無沙汰しております。
岩田投手、よかったですよね〜。
思わずもらい泣きしてしまいました・・・(*^^*)

「IWATA PROJECT 21」ご存知ですか?
能勢さんのメルマガで知ったのですが、アークレイの応援サイトに載っています。
チアブレス、サマーキャンプとかでもらえるって♪
子供たち大喜びでしょうね!
(親も欲しいけど・・・対象外?(笑))
   
Re: IWATA PROJECT 21 From:加藤
Date:2011/05/14(Sat) 00:15  No.759
Mail
IWATA PROJECT 21 知りませんでした。
アークレイ…関連病院では使ってないような感じです。
どこからか手を回して手に入れたいですね。
   
Re: IWATA PROJECT 21 From:祐樹母
Date:2011/05/14(Sat) 20:46  No.760
Mail
祐樹は、”お父さんの分も入れて4つ、今度徳田先生に聞いてみよう〜”って言ってました(笑)
甲子園行く時にも、ぜひつけて行きたいですもの!
   
Re: IWATA PROJECT 21 From:加藤
Date:2011/05/17(Tue) 12:24  No.761
Mail
アークレイにどうしたら貰えるかメールしました。
   
Re: IWATA PROJECT 21 From:加藤
Date:2011/05/18(Wed) 08:25  No.762
Mail
アークレイから返事がきました。
少し遅れてるようでして5月末には出来るようです。
出来たら営業から連絡があるとのことでした。
   
Re: IWATA PROJECT 21 From:祐樹母
Date:2011/05/18(Wed) 20:55  No.763
Mail
ありがとうございます!
楽しみですね〜♪


1型患者の交通事故 From:加藤
Date:2011/05/10(Tue) 12:23  No.757
Mail
クレーン車の運転手が児童を6名死亡させた事故はご存知だと思いますが
下記の記事に出てくる「危険運転致死罪」についてですが以前道交法が改正された折
警視庁の交通課からの勉強会がありインスリンは薬物使用に当るか否かで
判例がまだ無いとしながらも悪質であれば(免許更新時等に申告していない等)
可能性は否定できないとのことでした。

発表などによると、柴田容疑者はてんかんの持病があり、7、8年前から人身事故や物損事故を数件起こしていた。一般的には薬を服用すれば発作は防ぐことができ、運転も可能だが、同容疑者の場合は、医師から運転しないよう指導されていたという。

地検などは、より重い危険運転致死罪の適用も検討したが、同罪は「飲酒や薬物の影響による」と規定されており、断念したという。


阪神岩田投手 From:加藤
Date:2011/05/05(Thu) 23:53  No.755
Mail
ナイスピッチングでした。でもワクチン???^^;

「すごくうれしい…」。そう話した途端、とめどなく涙があふれ出した。阪神の岩田が今季4度目の先発でようやく勝利。「腐らずに…。上を向いてやろうと…」。左ひじ手術をへて、一昨年10月以来、578日ぶりの白星。左腕は懸命に言葉を絞り出した。

 7回をラミレスのソロ本塁打による1点に抑えた。直球は最速147キロをマーク。ただ、それ以上に変化球のキレが抜群だったのが、しっかりと腕を振れている証拠だ。球数も今季最多の115球を投げた。スタミナにも大きな不安はない。

 昨年3月の手術からリハビリに半年近くを費やした。家族の励ましが一番の支えになったという。「決してあきらめないこと」−。それは同じ1型糖尿病に苦しむ患者に向けて、岩田自身が投げかけ続けているメッセージでもある。

 1勝につき10万円を糖尿病の研究基金に寄付しているが、東日本大震災の影響でワクチンが不足している中、久しぶりに寄付金を贈ることもできる。「まだまだ始まったばかり。これで終わりにはしたくない」。チームに迷惑もかけた分、白星を積み重ねていく覚悟だ。(


劇症型 From:加藤
Date:2011/03/05(Sat) 00:56  No.753
Mail
NHKオンラインより劇症型の発症メカニズムが

血糖値が急激に上昇してこん睡状態に陥る「劇症型」と呼ばれる糖尿病には、ウイルスの感染によって発症するケースがあることを、山梨大学の研究グループが突き止めました。発症のメカニズムの一端が明らかになったことで、早期の診断などにつながる成果として注目されています。

研究を行ったのは山梨大学医学部第3内科の小林哲郎教授のグループです。「劇症型」の糖尿病は生活習慣以外の原因で起きる糖尿病で、血糖値が急激に上昇してこん睡状態に陥り、死亡するおそれもある病気で、およそ900万人と推定される糖尿病全体の1%未満とみられています。研究グループは発症のメカニズムを探ろうと、劇症型の糖尿病で死亡した3人について、血糖値を調整する働きがあるインシュリンを分泌するすい臓の状態を調べました。その結果、いずれも「エンテロ」と呼ばれるウイルスに感染し、すい臓の細胞が破壊されているとみられることが分かったということです。劇症型の糖尿病は、突然、発症するため、診断が難しいとされています。今回、発症のメカニズムの一端が明らかになったことで、早期の診断などにつながる成果として注目されています。研究グループの小林教授は「貴重な成果を挙げることができた。治療法の開発につなげたい」と話しています。この研究成果は、ことし5月に札幌市で開かれる日本糖尿病学会の総会で発表されることになっています。

   
Re: 劇症型 From:加藤
Date:2011/03/05(Sat) 10:30  No.754
Mail
YOMIURI ONLINEから追加です。

研究グループは劇症1型糖尿病で死亡した3人のすい臓を調べ、「エンテロ」というウイルスに感染していることを発見。さらに、エンテロウイルスを攻撃するすい臓の細胞が、過剰な免疫反応を起こし、細胞自身を攻撃し、すい臓を破壊していることを突き止めた。

 小林教授は「免疫反応を抑制すればいいと考えれば、治療薬が開発される可能性は十分ある」と話している。



12345678910111213141516171819

NO PASS

- e-PAD -
- Arrange by MIYOKEN -